両丹ドライのドライクリーニング洗い方

ドライクリーニング洗浄

繁忙期に入りました^^

品物が増えても洗い方は同じです。

うちはホットマシンではないので 洗い乾燥は別の機械でやっています。

 ドライクリーニング洗浄  

ドライ洗浄は

  • 一般衣類
    18分 バッチ洗い オーバーフロー洗い 脱液 での時間です。
  •  
      ドライクリーニング工程
       

  • ジャンバーなど汚れのひどいもの
    23分
  • デリケートなもの(カシミア・アルパカ・合皮付き・ビーズ付きetc)
    弱洗い 弱脱液 で8分
    乾燥機にはかけずに自然乾燥

 ドライクリーニング乾燥工程 

乾燥は 設定温度47度 気温にもよりますがこの季節 最高53度までしか上がりません。

ドライ乾燥温度乾燥温度

低温乾燥に気を付けています。 乾燥時間は乾燥23分 冷風時間8分

乾燥温度

高温にすると短時間で乾きますが 品物の中には熱に弱いものもあり縮んだりおかしなことになる可能性があります。
また短時間乾燥では乾ききらずにドライ溶剤が残りそれが皮膚にあたると化学やけどを起こすこともあります。

よくお宅のクリーニングの品物は洗った臭いがしないと言われますが
うちは完全に乾燥させていますので そういったドライ溶剤の臭いはありませんと説明させていただいています。
その洗った匂いとはドライ溶剤のことなのでそんな臭いのする品物が返ってきたのならば危険です。
もう一度ハンガーにでも掛けて干しなおしましょう。

カシミアなどの絨毛製品や合成皮革 本革の品物は乾燥機にかけずに自然乾燥させます。
カシミアなどは乾燥機で回すと毛並みが崩れてしまいます 自然乾燥させたカシミアはツルッと感があって私は好きです^^
カシミア自然乾燥

このように時間をたっぷりかけてクリーニングしています。すぐにはできませんが お急ぎの品物は間に合うようにさせていただきます。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る
バイト探し