夏物衣類クリーニングに出すなら

夏物衣類クリーニング

まだ少し暑いですが 夏ものはもう着れませんね

夏物の衣類をクリーニングに出すときの注意点。

ドライクリーニングでは汗が落ちないのでできるだけウェットクリーニングしましょう。
根本的に水では洗えない

  • レーヨン(水洗い✖)
  • アセテート(水洗い✖)
  • トリアセテート(水洗い✖)
は無理ですが
水洗い✖表示のウール・シルク・ポリエステル・綿・麻などの素材の衣類は大方ウェットクリーニングが可能です。

水で洗わないと汗は落ちません。
汗が残っていると 来夏衣類を出したとき 黄色く変色してしまって着られなくなります。

当店ではそういった黄色くなった色柄物でも復活させる技術はありますので
そんな衣類がありましたらご相談ください。

巷に「汗抜きクリーニング」というのがありますが あれはドライ溶剤に汗の成分を取る助剤を入れて洗うもので汗のすべてが落ちるわけではありません。

きれいに汗を落とすにはウェットしかありません。

夏物しまうときは ウェットクリーニングで!

ちなみにドライクリーニング後にウェットクリーニングするのが一番きれいになります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る
バイト探し